「活性水」の有効成分は次亜塩素酸ナトリウム希薄水溶液と同じです

  • 次亜塩素酸は、イオンの状態(ClO-)と分子の状態(HClO)で存在し、どちらも有効塩素として働きます。
  • 主にClO-は洗浄効果、HClOは除菌効果が期待されます。
  • 次亜塩素酸は、pHによってClO-とHClOの存在比率が変化します。
    活性水は、溶液のpHを弱酸性にし、除菌効果の高いHClO分子の存在比率を上げています。

次亜塩素酸の存在比率

参照:「浄水の技術」

HCA-402では

  • 6%次亜塩素酸ナトリウム水溶液(原液)を希釈し、酢酸で弱酸性(pH5~7)に調整してHClO分子の存在比率を上げています。
  • 内蔵センサで有効塩素濃度とpHをリアルタイムで監視しています。
    これにより、常に一定の有効塩素濃度を保った「活性水」を安全に調製することができます。
  • 有効塩素濃度は、2~80ppmまで設定・調整できます。

活性水に関するQ&A

活性水の推奨pHはありますか?
除菌を主な目的とする場合は、最もHClO分子の存在比率の高くなる、pH5~6付近を推奨します。
物品の消毒に使用する場合、どのように使用するのが良いですか?
活性水が十分にかかる事で除菌効果が期待されますので、できれば活性水による浸漬が好ましいです。浸漬できない場合は、まんべんなくスプレーし、清潔なペーパータオルで拭いてください。
活性水はどのように保存すれば良いですか?
紫外線、有機物の付着により急速に有効成分の分解が進みます。水道水等で洗った容器に入れ、光の当たるところは避けてください。また、室温(1-30℃)で保存ください。
スプレー容器に入れて物品消毒に吹きかける場合、注意点はありますか?
まんべんなく吹きかけてください。また、スプレー容器内の活性水は、毎日入れ替えてください。
トイレ・嘔吐物などの汚染消毒に使用できますか?
活性水は有機物と反応し失活しやすいため、大量の有機物がある場所には単一薬剤での効果が期待できません。まずは汚物を除去し、洗浄剤による汚れ・油分の洗浄を実施後に、活性水による除菌をお願いいたします。

次亜塩素酸ナトリウム活性化装置の導入実績

牛乳・水などの液体を入れる容器の洗浄や豆腐・野菜・精肉工場等の洗浄工程にて30例程度の導入実績があります。
また上位機種のHCA-555やHCA-603では、透析関連装置の洗浄用途として100施設以上の導入実績があります。